Sublime Text2の導入

EmacsやViと上手に付き合えない軟弱な私は、最近、Sublime Textで作業することが多くなりました。そこで、多少なりともまとめていこうと思います。今回は簡単な紹介とSublime Package Controlの導入を紹介します。

Sublime Textとは

Sublime Textは$70の有料ソフトウェアですが、無制限・無期限で利用できます。
現在はバージョン2で、Sublime Text 2が正式な名称のようです。近々、バージョン3がリリースされるようです。
その特徴は私見ですが、以下にようなものが挙げられると思います。

  • 軽快な動作
  • 洗練されたUI
  • パッケージによる拡張性
  • 独自のショートカットキーによる効率的な記述
  • マルチプラットフォーム Windows / Mac / Linux

http://www.sublimetext.com/
 Sublime Text: The text editor you’ll fall in love with
http://www.sublimetext.com/

基本的な使い方を習得するなら、ドットインストールを利用する事をおすすめします。

http://www.ideaxidea.com/archives/2012/12/st2_on_dotinstall.html

『Sublime Text 2の基礎 (全12回)』をドットインストールに追加しました #dotinstall
http://www.ideaxidea.com/archives/2012/12/st2_on_dotinstall.html

Sublime Package Control

Sublime Textには様々なパッケージがあり、ついつい迷ってしまします。そこで膨大なパッケージを厳選して、なおかつ、Sublime TextのUIからインストールすることができる「Sublime Package Control」というサービスがあります。

http://wbond.net/sublime_packages/package_control

Sublime Package Control
http://wbond.net/sublime_packages/package_control

Sublime Package Controlの導入

最も簡単な導入方法は、公式が紹介しているインストール方法である、pythonのコードをSublime text上で実行することにより、自動的にインストールすることが可能です。

  1. Sublime textのメニューからView -> Show Consoleをクリックしてコンソールを表示する(ない場合はHide Consoleになっていると思いますが、この時には既にコンソールが表示されています)
  2. コンソールに下記のソースコードを貼り付けて、Enter(return)キーを押す
    import urllib2,os; pf='Package Control.sublime-package'; ipp=sublime.installed_packages_path(); os.makedirs(ipp) if not os.path.exists(ipp) else None; urllib2.install_opener(urllib2.build_opener(urllib2.ProxyHandler())); open(os.path.join(ipp,pf),'wb').write(urllib2.urlopen('http://sublime.wbond.net/'+pf.replace(' ','%20')).read()); print('Please restart Sublime Text to finish installation')
    

    spcinstall

パッケージの導入

パッケージをインストールする準備が整ったら、インストールをしみましょう。手順は以下のとおりです

  1. メニューの Tools -> Command Paletteをクリック
  2. コマンドパレットに「install package」と(途中まで)入力すると、「Install Package」が絞り込めると思います。そこでEnter
    pkginstall
  3. 候補が出てくるので、自分の関連に有りそうなキーワードを入れると、絞り込んでくれます。
    pkgselect
  4. インストールするパッケージを選んでEnterでインストールが開始します
  5. エディタの左下にこのような「successfully installed」とメッセージが表示されたら成功です
    installsuccess

Proxy環境下ではもしかしたら問題が発生するかもしれません。こちらを参考にしてください
Sublime Text 2のPackage ControlがProxy環境だとエラーになる件

おわりに

Sublime TextとSublime Package Controlの紹介と基本的な使い方でした。パッケージはお手軽なので、ついつい入れてしまいますが、せっかく軽いエディタなので、遅くならないようにパッケージを入れたら使用感が落ちないかチェックしたほうがいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。