[Unity]シーンとプロジェクト

Unityのプロジェクトとシーンの関係を簡単に説明します

概要

Unityを起動すると必ず、プロジェクトに所属しています。プロジェクトにはシーンや素材、スクリプトなどゲームに関する部品が登録されており、それらを利用し、シーンを構築します。

project-scene

プロジェクト

プロジェクトとは

プロジェクトとは、作成している対象物すべてをまとめている単位です。ゲームかもしれませんし、ツールかもしれません。Unityは必ずプロジェクトに所属していなければ起動しません。

新しいプロジェクトを作成する

Unityが起動した時点で、必ず前回開いていたシーンが開かれます。新たに作成する場合、

メニューの「File」->「New Project…」をクリックし、以下のウインドウが開きます。

newproject

「Project Directory:」に保存したい場所、プロジェクト名を記述します。パスの書き方がわからない場合は、となりの「set」ボタンを押すと、保存する場所、プロジェクト名を促されますので、それに従います。

「Import the following pakages:」では便利なパッケージをプロジェクトを作成する時に、予め取り込んで作成することができます。パッケージは後から取り込む事ができますので、とりあえず作る場合は、何もチェックを入れなくて結構です。

準備がととのったら「Create Project」ボタンを押して作成します。

プロジェクトを開く

既存のプロジェクトを開くには、メニューの「File」->「Open Project…」をクリックすると、既存のプロジェクト一覧が提示されるので、開きたいプロジェクトを選択し「Open Project」ボタンを押し開きます。もし、一覧にない場合は、「Other Project」ボタンを押し、プロジェクトを直接選択肢、開きます。

プロジェクトを保存する

メニューの「File」->「Save Project」をクリックすると、プロジェクトを上書き保存します。

プロジェクトに部品を登録する

以下の手順で登録することができます。登録といっても、プロジェクトのAssetディレクトリ(以降のディレクトリ)にコピーするだけです。プロジェクトに必要な部品はAssetディレクトリで一括管理されます。Assetディレクトリ内ではまたディレクトリを作って管理してください。

ドラッグ&ドロップ

プロジェクトウィンドウに直接ドラッグ&ドロップで登録することができます。

regist

登録をすると、プロジェクトウィンドウ内にファイルが表示されます。

regitered

インポート

登録したいプロジェクトウィンドウのAssetディレクトリ内で右クリックし、「Import New Asset」を選択し、登録したいファイルを選択し「Import」ボタンを押して登録します。

シーン

シーンとは

シーンはゲームの1シーンを記述するための部品です。シーンはプロジェクトに一つ以上存在しており、あくまでプロジェクトの中にある一つの部品となります。シーンで利用している部品は「Hierarchy」に一覧で表示されます。

シーンを作成する

メニューの「File」->「New Scene」からシーンを新しく作成します。

シーンを保存する

メニューの「File」->「Save Scene as…」は別名保存
メニューの「File」->「Save Scene」は上書き保存
です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。