[Unity][iTween]iTween Path Editorの使い方

  • SumoMe

iTweenのパスを視覚的に設定するためのアセットです。このアセットの導入・簡単な使い方を説明します。

iTween Path Editor導入

iTween Path EditorはiTween Visual Editorを導入することで、内包されていますので、そちらを利用するのがお手軽だと思います。

[Unity][iTween]iTween Visual Editor導入と解説

もしくは、公式のページからダウンロードしてください。

公式からインストールする場合は、iTweenを別途インストールしなければ意味がありませんので、気をつけてください。

使い方

オフィシャルに紹介の動画がありますので、一度観ておくと理解しやすいと思います。

パスを設定する

ゲームオブジェクトに「iTween Path」を付加してください。

itweenpathinit

Path Name:スクリプトから利用する場合、この名前を利用してスクリプトから参照します。

Path Color: Sceneウインドウで描画されるパスの色を指定できます。

Node Count: パスが通る点の数を指定します(最小で2)。スライダを右へ動かすとノードを増やすことができます。この時、ノードの座標を下のX/Y/Zで指定することができます。

drawpath

スクリプトから参照する

iTweenPathクラスのGetPathメソッドに対して、Path Nameを指定すると、指定したパスをVector3の配列として得ることができます。

iTweenPath.GetPath("パス名")

そのため、iTweenのメソッドで引数にVector3配列を指定する関数や、ハッシュのキーに”path”があれば、値に上記のGetPathメソッドでパスを与えることができます。

ゲームオブジェクト「path」にiTweenPathコンポーネントを付加し、適当なパスを作成しました。Cubeオブジェクトを作り、「moveCube」スクリプトを作成しました。スクリプトの内容は以下のようにしました。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class moveCube : MonoBehaviour {

	// Use this for initialization
	void Start () {
		iTween.MoveTo(gameObject,iTween.Hash("path",iTweenPath.GetPath("New Path 1"),"time",2f));
	}
}

ipehierarcy

以上のように設定し、実行ボタンを押すとパスに沿って移動します。

iTweenEventを利用する

iTweenEventを利用することでスクリプティングを必要とせずに利用することができます。もちろん、この機能を使う場合はiTween Visual Editorを導入している必要があります。

上記の設定からCubeからスクリプトを除外してください。新たにCubeに対し、iTweenEventコンポーネントを付加します。iTweenEventのInspectorウインドウからEventTypeをMove Toにし、pathにチェックを入れ、Pathボタンを押して、パス名を指定します。

ipeevent

以上のように、iTweenEventからパスを指定することで、スクリプトを記述せずとも動作させることができます。

おわりに

iTweenPathを利用することで、Sceneウインドウ上で軌跡を確認しながら動きを指定することができます。