[blender]オブジェクトの追加と削除

オブジェクトの追加と削除の方法を解説します。

オブジェクトの追加

Infoウインドウのメニュー「Add」をクリックするとリストが表示されます。これらのリスト一つ一つがオブジェクトという単位で管理されており、目的のオブジェクトをクリックすると、3Dカーソルの位置に生成されます。
この時、気をつけなければいけないのは、Meshオブジェクトを選択した状態で、Meshを追加した場合、選択したオブジェクトと生成したオブジェクトが一つのオブジェクトとなってしまう(結合)状態となってしまいます。
3Dカーソルはblender独特のインターフェイスで以下の図のようなサイトのような形をしています。

3dcursor

生成されたオブジェクトはOutlinerウインドウにツリー表示に追加されますので確認してください。

addobject-outliner

オブジェクトの削除

Outlinerウインドウから削除

Outlinerウインドウのツリーから、削除したいオブジェクトの上にカーソルを載せ、RMB(マウス右クリック)を押し、「Delete」を選択すると削除される。

3DViewウインドウから削除

削除したいオブジェクトを選択し、キーボードの「x」キーを押すと、削除確認が表示されますので、「Delete」を選択する。この方法は複数のオブジェクトを選択した状態でも選択したオブジェクト全てが削除される。

おわりに

今回は、オブジェクトの追加と削除をまとめました。追加するオブジェクトは様々な種類がありますが、最初は頻繁に利用する「Mesh」「Camera」「Lamp」あたりを押さえておけばよいのではないでしょうか。

参考文献

http://wiki.blender.org/index.php/Doc:JA/2.6/Manual/Modeling/Objects

Doc:JA/2.6/Manual/Modeling/Objects – BlenderWiki
http://wiki.blender.org/index.php/Doc:JA/2.6/Manual/Modeling/Objects